リフォーム:左右非対称でミニマムなデザイン

作品について

オパールとダイヤモンドをネックレスへリフォーム、シンプルデザイン
オパールリングとダイヤモンドネックレスを元に、ネックレスへリフォームしました。

オパールの片側にだけダイヤモンドを加えた左右非対称なデザインは、お問い合わせ時からのお客様のご希望です。
それぞれの石の大きさが全く違いますので、傾いたり裏返ったりしないようバランス調整を繰り返し、この配置となりました。

チェーンはペンダントトップに直接付いています。
こちらのチェーンも雰囲気や全体のバランスに合わせた物を提案させていただきました。

石は両方共フクリン留めです。
限りなくシンプルなデザイン中でこの留め方が装飾となっています。

また透明感の強いオパールをフクリン留めにすると輪郭がはっきりし、『ふ』(play of color)がはっきり見えることが多いです。
メキシコオパールやウォーターオパールなどが特に顕著に現れます。
今回のオパールもまさにその効果が現れ、とても美しい表情が引き出せたと思います。

『お客様の声』にも、ジュエリーをリフォームした感想をお寄せいただきました。
「楽しくハッキリとしたアドバイス」(口コミ・評判・レビュー086)

ジュエリー制作ノート

【制作方法】オリジナルデザインでのリフォーム、ご来店での打ち合わせ
【リフォーム前アイテム】指輪/リング
【リフォーム後アイテム】ペンダント/ネックレス
【使用素材】K18イエローゴールド、オパール、ダイヤモンド