リフォーム:厚みのない石を立体的に見せるデザイン

作品について

グリーンとブルーがとても美しいブラックオパールのペンダントをリフォームいたしました。

リフォーム前のペンダントトップは、オパールの周りをシンプルに地金で囲んだデザインでした。
しかしこのオパールは表面が平坦なため、このデザインではその平坦さが強調されのっぺりとした印象です。

そのため今回はオパールとメレダイヤとの間に意図的に隙間を開け、凹凸感を演出いたしました。
メレダイヤをオパールと同じオーバル型に配置するのではなく、あえて四角に配置してオパールに立体感が感じられるようにしています。
またバチカン部分にもメレダイヤを入れて地金をほとんど見せないことにより、白いメレダイヤとブルーグリーンのオパールとの対比を引き立たせました。

次に全体のシルエットを『落ち感』の感じられるものにするため、バチカンと本体をつなぐ部分をハンドバック型にし、長めのチェーンと合わせました。
これにより『チェーンとバチカンが作るVの角度』が狭く、ペンダントトップに重さが感じられるため、ストンと落ちている印象となります。

この『落ち感』と共に私がデザインする上で大切にしたのは『ペンダントトップの位置』です。
どのぐらい顔から離れているべきか、襟やVゾーンやタートルネックとの相性、 お客様の顔の大きさやピアスとのバランスなどを考慮して提案させて頂きました。

ジュエリー制作ノート

【制作方法】ご来店でのデザイン打ち合わせ、オリジナルデザインでのリフォーム
【リフォーム前アイテム】ペンダント/ネックレス
【リフォーム後アイテム】ペンダント/ネックレス
【使用素材】K18イエローゴールド、オパール、メレダイヤ