ダイヤモンドとピンクサファイアの可愛い華奢な指輪へリフォーム

作品について

使用頻度の少なくなったジュエリーを全てお持ちいただき、その中から再利用可能な宝石を選別して、指輪へとリフォームいたしました。

センターを陣取る3ピースのダイヤモンド。実はこれ、真ん中が小さいのです。一般的な組み合わせは、真ん中の石が大きく、その両サイドは小さめの石。今回の指輪リフォームは、『通常と逆』という違和感をなるべく感じさせず、あえて面白さを出せないか?というコンセプトでデザインさせていただきました。

曲線パーツを組み合わせたサイドのデザインは、3つのダイヤモンドが描くVラインをリピートしています。全体が1つのラインとして繋がることで、大・小・大のダイヤモンドは『違和感』ではなく、『デザインの一部』になったと思いませんか? またお客様の若く可愛らしい雰囲気に合わせ、サイドにピンクサファイヤを添えさせていただきました。

DATA

【制作】リフォーム
【素材】プラチナ900、ダイヤモンド 、ピンクサファイヤ