リフォーム:綺麗な『彫留め』と『石合わせ』がポイント

ダイヤモンドリングのリフォーム、カルティエ、ダムール風指輪

作品について

シンプルな一粒ダイヤモンドリングからのリフォームについてご相談頂きました。
センターダイヤの周りにメレダイヤを取り巻き、指輪のボリュームアップしたい、でも通常の爪留めではないカルティエのダムールリング風がご希望とのこと。

ダムールの特徴は石の留め方です。センターダイヤがフクリン留め、周りのメレダイヤが彫留めなのでラインがくっきり見えて印象的な表情ですね。
この綺麗な丸のラインを表現するためには熟練の職人による高い彫留めの技術が必要です。

またどんな作品にも言えることですが、お持ち込みされるダイヤモンドに合ったメレダイヤを準備することが、作品の良し悪しを決めると言っても過言ではありません。
メレダイヤ一つ一つの品質とカットを揃える『石合わせ』の作業は軽視されがちですが、経験とセンスが物を言うとても大事な工程です。当店はこの『石合わせ』を非常に大切にしています。
(コラム私が綺麗なメレダイヤを使う理由もぜひご覧ください。)

お客様にはダイヤモンドの実物サイズで描いたデザイン画をご覧頂き、選抜いたしましたメレダイヤとのバランスも確認して頂きました。
そしてお客様よりOKを頂きまして制作スタートです!

こちらのお客様は遠方よりお問い合わせ頂き、実際にお目にかかることは出来ませんでしたが、画像などを用い打ち合わせいたしました。
当店では出来上がりをお待ち頂く間、「どんな風に出来上がるんだろう。。。」とご不安になりませんよう、十分なご説明を心掛けております。

ジュエリー制作ノート

【制作方法】遠方よりお問い合わせ、メールで打ち合わせ、デザイン画制作、鍛造手作りでのリフォーム
【リフォーム前アイテム】指輪/リング
【リフォーム後アイテム】指輪/リング
【使用素材】プラチナ900、ダイヤモンド