リフォーム:立て爪リングをメレダイヤ入り幅広リングへ

ダイヤモンドの立て爪、婚約指輪、エンゲージリングからのリフォーム

作品について

「25年間で2、3度しか着けなかったダイヤモンドの立て爪リングがあるのですが」とご相談いただきました。この指輪を普段使いからちょっとしたお出掛けにも使える、少し華やかなデザインの指輪にリフォームしたい、というご希望です。

打ち合わせにご来店いただきましたので、これまでに私が制作しました作品の画像をご覧いただきながらデザインの相談を進めました(実はホームページに掲載している作品はほんの一部。ジュエリーの制作実数は1万点を超えております)。
ジュエリーのボリューム感や華やかさなど感じ方は人それぞれですので、やはり画像がありますとお互いに伝わりやすいですね。お客様に直接お話を伺うことができ、細かな部分までお話を詰めることができました。

その後デザイン画を数点ご用意し、その中からお好きなデザインを選んでいただきましてジュエリー制作がスタートいたしました。リフォームといえども、これはほぼオーダーメイドと同じ工程です。

出来上がりましたリングは以前の立て爪と異なり引っかかる部分はほとんど無く、幅広で着けやすいデザインです。25年ほとんど仕舞われていたダイヤモンドが、今のお客様のTPOやファッションにピッタリ合うデザインにお召し替えして、活き活きと輝いて見えます。どうぞ色々な場面にお連れいただき、ご愛用頂けますように!

ジュエリー制作ノート

【制作方法】ご来店での打ち合わせ、オリジナルデザインでのリフォーム
【リフォーム前アイテム】立て爪指輪/リング
【リフォーム後アイテム】指輪/リング
【使用素材】プラチナ900、ダイヤモンド