リフォーム:使わないピアスを1つに合体!

真珠とサファイアのリフォームピアス

作品について

サファイアのピアスをお持ち込みされ「物足りなくなってしまったのでバージョンアップしたい」。
それが当初のお客様のご希望でした。

お客様の雰囲気やTPO、ファッションに合わせてあれやこれや検討したのですが、どうもいまひとつお客様の腑に落ちるデザインに行き当たりません。
そんな時に….
「このピアスも小粒なのでもう使わないの」と取り出された可愛らしい真珠のピアス。
思わず私は「このパールとサファイアを合わせて、大人フォーマルなピアスはいかがですか?」とひらめき、ご提案いたしました。
「そうね、いいわね!」とお客様も賛同してくださり、その後はお客さまの耳の形や向きに合わせてみながら、一番綺麗に見えるデザインを決めていきました。

ピアスやイヤリングをお作りする際にとても大切のことは、お客様の耳の形や向き、穴の位置などをしっかりと考慮することです。
ついピアスやイヤリングそのもののデザインの良し悪しにこだわってしまいがちですが、耳の形や大きさを検討せずにお作りしてしまうと、出来上がってからお客様の耳たぶには全然合っていないということにもなりかねません。

今回のピアスはお客様のピアスホールの位置に合わせて、下のパールが耳たぶから少しはみ出るようポストの位置を決めています。

とても美しい青色のサファイアと綺麗なパールで、フォーマルな印象も感じられる素敵なピアスが出来上がったと思います。

『お客様の声』にも、ジュエリーをリフォームした感想をお寄せいただきました。
このピアスをすると思って身支度をすると・・・【口コミ・評判・レビュー062】

ジュエリー制作ノート

【制作方法】オリジナルデザインでのリフォーム、ご来店での打ち合わせ
【リフォーム前アイテム】ピアス
【リフォーム後アイテム】ピアス
【使用素材】プラチナ900、真珠、サファイア