先日、とても色の濃い『ピンクサファイア』の指輪をお持ちのお客様がいらっしゃいました。ところがお客様は『ルビー』だと思っていらっしゃいました。この指輪をお母様から譲られた時、そのように説明されたそうです。

『”ルビーとサファイアは色が違うだけ”って聞きましたが本当ですか?』

はい、本当です。ルビーもサファイアも鉱物名としては同じ『コランダム』です。このコランダムは全色で出現します。その中で、

血の色の赤のコランダムを『ルビー』と呼び、それ以外は『サファイア』と呼びます。

ですからブルーは『ブルーサファイア』、ピンクなら『ピンクサファイア』というのが正解です。

一時期、日本の鑑別機関の鑑定が甘かったり、一部の心無いジュエラーが赤に近いピンクを『ルビー』と称して高値で販売していたことがありました。ですからその時期に『ルビー』と思って購入されたお客様も、たくさんいたと思います。

現在では鑑定機関なども厳しくなっており、そのようなことはありませんのでご安心くださいね。

今回のお客様の宝石は『ルビー』ではなく『ピンクサファイア』です。しかしピンクサファイアも品質によって価値はピンきり。お客様の石はクオリティも色の濃さもとてもグレードの良い物でした。品質の良くない『ルビー』よりも、高品質の『ピンクサファイア』で作られたジュエリーの方が評価は高く、とても価値があります。それに今回のジュエリーリフォームでご希望されたデザインを考えると、このピンク色がとてもよく合います。

宝石もジュエリーも流行があります。ですからその時代にあったデザインや工夫で楽しめたら良いですね。

オーダーメイドジュエリーお問い合わせバナー

◉販売員はおりません。デザイナーがお客様のお話を伺います。
当店のオーダーメイドは『お客様・デザイナー・職人がひとつのチーム』となってジュエリーを作るスタイルです。デザイナーが直接お話を伺い、お客様の想いを形にします。お客様の役目はプロデューサー。ジュエリー造りのワクワク・ドキドキを体験してください!
*GIA GG(米国宝石学会認定宝石鑑定士)、ジュエリーデザイナーの紹介はこちら

◉自社工房を持ち、専属の職人が手作りいたします。
サロンの隣に工房を併設し、熟練した職人が1つずつ丁寧にお作りします。制作途中にデザイナーと職人が何度も話し合い細かくチェックするため、ハイクオリティなジュエリーが完成します。また外部業者へ委託しない分お安くできるというメリットもあります。
*コラム「どうして自社工房、専属職人なのか?」はこちら

◉実物大の精密なデザイン画を作成し、そのデザイン画とほぼ同じように実物をお作りします。
原寸大のデザイン画をお作りするのは、お客様と製作者側で共通のイメージを持つため。細部までしっかり確認してから制作に入りますので、出来上がりまで安心してお待ちいただけます。また出来上がった後、イメージと違う!といったトラブルを回避することができます。
*ジュエリーデザインの紹介はこちら

*オーダーメイドジュエリー作品集はこちら

オーダーメイドジュエリーのお問い合わせはこちらから