「今はもうまったく使わないこの指輪。デザインが変わればきっと着けるはず!?」
ちょっと待って!120%満足するジュエリーとなるよう是非以下の3つのポイントをご検討ください。

ーーーーこのページの内容ーーーー

ポイントその1:満足いくデザインですか?
ポイントその2:デザインをイメージどおりに作品にする技術がありますか?
ポイントその3:誰に依頼しますか?

ポイントその1:満足いくデザインですか?

102◉自分の好みはしっかり伝えられましたか?受注者はあなたの希望をしっかり受け取ってくれる人ですか?店側の都合や好みに翻弄されないよう気をつけましょう。

◉ネットや雑誌の写真を提示して「これと同じに作ってください」はとても危険です。石の種類や大きさ、指輪のサイズによってはまったく違うものになってしまうことも。デザイン画で確認することをオススメいたします。

◉そのデザインはあなたのTPOやファッションに合っていますか?「作品としては素晴らしい物が出来上がった!でも着ける機会はほとんど無い・・・」では、ジュエリーリフォーム成功とは言えません。

◉プロの意見に耳を傾けましょう。ジュエリーリフォームの経験豊富なデザイナー、石の知識のあるアドバイザーの客観的な意見を参考にしましょう。

●ジュエリーリフォームのデザイン画の事例
●ジュエリーデザイナー紹介

ポイントその2:デザインをイメージどおりに作品にする技術がありますか?

13◉正確なデザイン画を元に制作していますか?制作をスタートする前に、お客様と作り手が同じイメージを共有している必要が大切です。

◉作り手の技術は高いですか?同じデザイン画からでも、職人が違えばまったく違った物になります。過去の作品例やお客様の口コミ、評判から判断しましょう。

◉ジュエリーの制作方法はいろいろあります。鍛造、ワックス鋳造、CAD?、そのデザインに合った制作方法を判断できる人に依頼しましょう。

◉お客様と職人の間に何人も人が介在すると細かいニュアンスは伝わりませんし、価格も高くなってしまいます。お客様、デザイナー、職人はできるだけ近くに同じ情報を共有できる環境が大切です。

●ジュエリーの工房、職人
●私が綺麗なメレダイヤ
を使う理由

●ジュエリーに使用する金属について
●サロン、工房の様子

ポイントその3:誰に依頼しますか?

ジュエリーリフォームやオーダーメイドで大事な打ち合わせの様子
ジュエリーリフォームは、宝石店で既存のジュエリーを買っただけでは味わうことができない体験型のサービスです。すばらしい物が出来上がることはもちろんですが、発注から出来上がりまでのワクワクするような時間を体験することがもうひとつの楽しみです。

 

◉お客様のジュエリーや宝石について、詳しい知識がありますか?

◉ジュエリー制作についての経験や知識がありますか?価格や出来上がりについての説明は十分ですか?

◉リフォームを依頼する人はあなたの思いを汲み取ってくれ、一緒に寄り添って考えてくれる人ですか?

◉出来る出来ない、出来るけど不恰好になる、などきちんと説明をしてもらい納得して進めましょう。

◉お客様はジュエリーリフォームのビギナーです。お客様が考えつかないアッと思うようなデザインやアイデアを提案することができる、センスあるアドバイザー/デザイナーに依頼しましょう。より満足感が高まります。

◉出会いから最後まで、お客様が安心して気持ちよい時間を共有できる人に任せましょう。素敵な物が出来上がっても、嫌な思いをしてしまってはそのジュエリーリフォームは台無しです。アフターサービスはありますか?

◉過去の作品例やお客様のコメントなどで確認しましょう。

●お客様の声一覧
●ジュエリーリフォームする価値はありますか?
●成功するジュエリーリフォーム
●価値あるジュエリーとは?

オーダーメイドジュエリーお問い合わせバナー

 

◉販売員はおりません。デザイナーがお客様のお話を伺います。
当店のオーダーメイドは『お客様・デザイナー・職人がひとつのチーム』となってジュエリーを作るスタイルです。デザイナーが直接お話を伺い、お客様の想いを形にします。お客様の役目はプロデューサー。ジュエリー造りのワクワク・ドキドキを体験してください!
*GIA GG(米国宝石学会認定宝石鑑定士)、ジュエリーデザイナーの紹介はこちら

◉自社工房を持ち、専属の職人が手作りいたします。
サロンの隣に工房を併設し、熟練した職人が1つずつ丁寧にお作りします。制作途中にデザイナーと職人が何度も話し合い細かくチェックするため、ハイクオリティなジュエリーが完成します。また外部業者へ委託しない分お安くできるというメリットもあります。
*コラム「どうして自社工房、専属職人なのか?」はこちら

◉実物大の精密なデザイン画を作成し、そのデザイン画とほぼ同じように実物をお作りします。
原寸大のデザイン画をお作りするのは、お客様と製作者側で共通のイメージを持つため。細部までしっかり確認してから制作に入りますので、出来上がりまで安心してお待ちいただけます。また出来上がった後、イメージと違う!といったトラブルを回避することができます。
*ジュエリーデザインの紹介はこちら

*オーダーメイドジュエリー作品集はこちら

オーダーメイドジュエリーのお問い合わせはこちらから