オーダーメイド:非加熱バイカラーのタンザナイト

タンザナイトペンダントをオーダーメイドした感想、口コミ、レビュー、お客様からのコメント
ピーコックの大粒非加熱タンザナイトで、ペンダントトップを作って頂くことにしました。
角度によって見え方の異なる、多色性のあるタンザナイト。
林さんにお願いしたところ、
「石に厚みがあると、ひっくり返るんですよ。裏面のカットがきれいだから、表から見ても、裏から見ても、美しいペンダントにしましょう」と言って頂きました。
そんなことってできるの・・・?
できるんです!

一見シンプルに見えますが、ペターっとした平面の枠ではなく、オリジナル枠BO021蔦模様デザインにも使われている質感のある細やかな模様の枠にしていただいたおかげで、光が当たると優しく温もりのある輝きを添える仕上がりになっています。

温もりといえば、金にするか銀にするかで印象が変わってくることも教えて頂きました。
クールな銀も良いかなと迷いましたが、大粒にお薦めいただいた長めのチェーンは秋冬に重宝すると思い、温かみのある金を選びました。
繊細なチェーンの先に存在感のあるタンザナイトが揺れ、敢えてひっくり返してみたりもする(笑)楽しいペンダントに。

毎回大満足ですが、今回は魔法のようなご提案で見事に仕上がり、石の魅力を最大限に引き出して頂けたこと、感謝しています。
どうもありがとうございました。

お客様へ:3cm程のかなり大粒の非加熱のタンザナイトで、バイカラーが魅力の石でしたね。
この特徴(大粒、バイカラー)を最大限に生かすよう、今回はスタンダードなお造りとは違うご提案をさせて頂きました。
これにより石の裏面を露出させ裏側からも楽しめる、というのはお客様が説明してくださった通りです。
また常に正面を向いている造りではありませんので、洋服の上で(60cmぐらいの長いチェーンを使用)横を向いたり正面を向いたりと動くことにより、バイカラーの色の変化をより楽しんで頂けると思います。

石の裏面が露出しておりますので、硬いものに当たったりしないよう保存の際は柔らかい布などの上、もしくはぶら下げるなどして頂きますようお願いいたします。

ジュエリー制作ノート

【制作方法】ご来店での打ち合わせ、タンザナイトルースお持ち込みによるオーダーメイド
【オーダーメイド作品アイテム】ペンダントネックレス
【使用素材】K18イエローゴールド、タンザナイト