ジュエリーコラム

  • HOME »
  • ジュエリーコラム

ジュエリーリフォーム依頼する前に確認する3つの事(c35)

ジュエリーリフォームを依頼する前に確認する3つのポイントを解説しています。急いで発注する前に充分に検討してご依頼いただくのが成功するジュエリーリフォームへの鍵です。

ジュエリーリフォームやオーダーメイドで大事な打ち合わせの様子

ジュエリーリフォームの現場から思うこと(c34)

ジュエリー業界専門誌「Jewelrist」に掲載いただいた店主の記事。「ジュエリーリフォームの現場から思うこと」で店主のジュエリー業界、宝石加工製作の現場、職人についてなど、ジュエリー製作の裏話を反省と共に述べています。

実はご来店の1割は他店でリフォームしたけど気に入らなかったリフォームのやり直し、失敗(c32)

ジュエリーリフォームでのやり直しやトラブルに関して解説しています。制作依頼をする時の注意点、店側の思惑や都合など説明しています。お安い買い物ではありませんので慎重に親身になってくれるリフォーム店に依頼してください。

ジュエリ〜リフォーム、やり直し、失敗

メレダイヤのスクリー二ングについて(c31)

現在日本に輸入されるメレダイヤの1〜2%に合成ダイヤが見つかっています。当店では専用のスクリーニング装置を導入し、天然ダイヤモンドだけを使用しています。どんなに小さなメレダイヤも1つ1つチェックし、鑑別書発行も可能です。安心してご依頼ください。

【保存版】感謝ページ(お客様ブログのご紹介)(c30)

当店でジュエリーリフォームやオーダーメイドされたお客様が、ブログでご紹介くださったページのリンク集です。お客様が依頼に至るまで悩んだ様子や、私とのやりとりの様子など生の声をお伝えします。リフォームをご検討のお客様はぜひご参考ください。

ジュエリーリフォームやオーダーメイドで大事な打ち合わせの様子

どうして自社工房、専属職人なのか?(c29)

質の高いジュエリー制作に欠かせ無いのは「自社工房」「専属職人」です。ジュエリーリフォームやオーダーメイドジュエリーを依頼する場合に是非検討していただきたい、隠れた要素を解説いたしました。とくに作品の出来上がりの微妙なニュアンスを反映させたいお客様にお読みいただきたいコラムです。

サロンの様子

ジュエリーリフォームに私が『綺麗なメレダイヤ』を使う理由(c22)

ジュエリーリフォームやオーダーメイドをする時は、ぜひ綺麗なメレダイヤを!とは言ってもメレダイヤには正式な品質基準がありません。ではどうやって判断したら良いでしょう?その疑問に米国宝石学会認定宝石鑑定士(GIA G.G.)が解説いたします。

ジュエリーリフォームする価値はありますか?(c23)

『このジュエリーはリフォームする価値がある?』この問いにどう答えを出すのか、当店での方法をお教えします。指輪やペンダントについている石が何なのか?その価値は?、そしてジュエリーへのお客様の想いはどのようなものなのか?、様々な角度から検討しましょう。

ジュエリーリフォームを成功させる秘訣(c08)

100%満足いくジュエリーリフォームのために、依頼する前にチェックしたい4つのポイントを解説します。ショップ側の言われるがままにならないよう、時には立ち止まって慎重に検討しましょう。自分の希望や好みをしっかり伝え、ジュエリーリフォームを成功させましょう!

伊勢丹ダイヤモンドすり替え事件(c09)

『ジュエリーリフォームの際にダイヤモンドをすり替えられてしまった』という事件が伊勢丹で発生しました。この事件をジュエリーリフォーム店オーナーとしての経験を元に推理します。せっかくのリフォームでトラブルに遭わないお店選びのコツも教えます!

価値あるジュエリーとは何か?(c17)

ジュエリー選びのポイント。素材、デザイン、誰から買うか?「あ、やだな」と思った店主が素晴らしい商品を売っていることはないということだそうです。指輪やペンダントの価値とは何か?今一度考えてみました。ジュエリーをご購入の際、リフォーム、リメイクをご検討の際にお役立てください。

一点物ジュエリー。蝶をデザインしたマルチストーンボリュームリング

『ジュエリーリフォーム』から『ジュエリーリモデル』へ(c20)

ジュエリーリモデルカウンセラーという資格制度が導入され、リモデルとう言葉を使用しましょう、ということです。リフォームであれ、リモデルであれ、経験、センスある、なによりお客様に寄り添ってくれる人に依頼したいものです。

ジュエリーリフォームしたら鑑定書を取り直さないといけないの?(c21)

よくある質問、『ジュエリーリフォームをしてデザインが変わったら鑑定書を取り直さないといけないですか?』へお答えしています。石の状態で鑑定書をとるか?出来上がった時にとるか?は検討するとよいと思います。

ジュエリーに使用する金属(地金)(c25)

ジュエリーリフォームの際に検討する事柄のひとつに、何の地金、金属にしようか?ということがあります。それぞれの地金、金属の特徴について解説しています。リフォームをご検討の際に役立てていただけますように。

ジュエリーリフォーム 地金は溶かして再利用しない!?(c11)

ジュエリーリフォームの際に元のジュエリーを溶かして再利用するか?しないか?当店では変色や劣化等の問題から古い地金は利用せず、不純物の混じっていない新しい地金を使用しています。何故元の地金を溶かして再利用することが危険なのか解説します。

ジュエリーリフォームで地金を溶かして形を作る作業を行っている職人

ジュエリー製作・豆知識(c12)

ジュエリーの制作依頼、加工発注する際に知っておくとよい単語集です。石留めの種類やその特徴。石のカットの状態。仕上げの状態など解説しています。

ダイヤモンドプチネックレス/チェーンの取り付け方(c27)

ダイヤモンドプチネックレス加工の際に、どのようにチェーンを取り付けるかについて解説しています。ほんの小さなこだわりですが、出来上がりがワンランクアップします。是非お読みください。

婚約指輪を買う前に!ダイヤモンド選びのポイント(c01)

ダイヤモンドを購入する際に考慮すべきポイントを解説しています。売り手側の言われるがままにならないように、自分の目で見て美しいと思ったもの、価格の妥当なものを購入しましょう。

おさらい”4Cs”【ダイヤモンドの基礎知識】(c02)

ダイヤモンドを選ぶ時一体どのランクがオススメなの?どこまでランクを落としても大丈夫?そういった疑問にGIA(米国宝石学会)認定宝石鑑定士が率直にお答えします。これを読めばダイヤモンド購入で失敗しないこと間違いなしです!

4Csは知ってるけど・・・5番目の”C”?【ダイヤモンドの基礎知識】(c03)

ダイヤモンドは鑑定機関により鑑定結果が異なる場合があります!ですからどの機関が発行した鑑定書か?ということは非常に重要です。ダイヤモンド購入時に気をつけたい5番目の”C”(Certificate:鑑定書)について、その裏事情を含め解説いたします。

指輪のサイズの決め方(c24)

指輪/リングのサイズの決め方をご存知ですか?一日中着けていても快適なサイズを選ぶためのチェックポイントをまとめています。むくみやすいかどうか以外にも、指輪のデザインや着ける指によっても選ぶべきサイズは違います。あらゆることを考慮しましょう。

ひとりでブレスレットを着ける技(c26)

ひとりでブレスレットを着けるのは至難の技です。そこで、ひとりでも簡単にブレスレットを着けることができる裏技をご紹介します。いつもイライラしてしまうあなた、是非やってみてね!

ジュエリーリフォームの工房、職人(c06)

ジュエリー宝石職人について、また加工制作その種類について解説しています。職人の技量をもちろんですが、あなたが作るジュエリーに一番あった加工方法を選択することが大切です。

ネオングリーンの閃光!デマントイドガーネット(c19)

ガーネットと言えば赤色を想像されると思いますが、デマントイドガーネットは非常に美しいグリーンが魅力の石です。デマントイドガーネットの特徴や魅力について解説しています。デマントイドガーネットご購入予定の方必見!

遺灰ダイヤのストーリー『君のために世界一綺麗なダイヤになるよ』(c18)

亡くなった方の遺灰からダイヤモンドを作ることができることをご存知ですか?そのダイヤモンドを使って肩身のジュエリーを制作いたしました。お客様とのやりとりや制作秘話をご紹介しています。

全国宝石学協会のかさ上げ鑑定について(c15)

「多い日で100個以上鑑定した。ばれたら逃げられないと思っていた」。約1年8カ月にわたり、鑑定の操作に携わったと証言する30代の元社員の男性が毎日新聞の取材に応じ、会社から受けた指示の内容や、かさ上げの手口を語った・・・。

GIA鑑定書

婚約指輪を買わない最近の若者達(c13)

お母様より譲られた立て爪の指輪よりダイヤを外して、若いお二人の婚約指輪をおつくりになる方が増えています。ダイヤモンドは年月が経っても古くなることはありません。代々引き継がれたダイヤモンドが形を変えて受け継がれていく素敵なお話です。

ジュエリープロデューサー(c07)

『パタンナー』的な役割がジュエリー業界で言うならば、『ジュエリープロデューサー』だと思います。ある時はデザイナー、ある時はお客様と職人を繋げるコーディネイター。様々な知識を必要とし、商品が出来上がるまでを総合的に監修するのがジュエリープロデューサーの仕事。どんな留めにするのか?どんなグレードのメレダイヤを使用するのか?いくらで出来るのか?等々、ジュエリープロデューサーの良し悪しで、出来上がってくるジュエリーの良し悪しが決まる、といっても過言ではありません。

コーティングピンクダイヤモンドの登場(c04)

コーティングピンクダイヤモンドをご存知ですか?とても綺麗なピンク色で、同等ランクの天然ピンクダイヤモンドに比べずっとお手頃なダイヤモンド。しかし扱いを間違えるとコーティングが溶けてしまうなどの問題もあります。購入時も注意が必要です。

ファンシーピンククラスのコーティングピンクダイヤモンドのルース

ルビーとサファイアは同じ鉱物で色が違うだけ!?(c14)

とても美しい濃いピンクの石。これはルビー?それともピンクサファイア??同じ『コランダム』という鉱物であるルビーとサファイア。一時期、鑑定の甘さなどからピンクサファイアがルビーとして売られた時代もありました。その見分け方についてお話しします。


ジュエリーリフォームざまきドットコムへようこそ。当店は宝石の街、東京、御徒町にある工房併設専門店です。「お客様を笑顔に!」米国宝石鑑定士GIA G.G.でもあるデザイナーがお客様と気軽に話合える提案型サロンです。お気軽にお問い合わせください。

プチネックレス

ざまきドットコムオリジナル枠バナー


PAGETOP