作品について

オーソドックスなプラチナ立て爪リングからのリフォームです。

お客様からは「ブライダル感を無くして、シンプルで毎日着けられる物にしたい」そして「若い人がするような華奢な物ではなく、程よいボリュームのあるものを」とのリクエストでした。

まず『毎日着けられる物』にするため、思い切って地金の変更をしませんか?と提案させていただきました。イエローゴールドを使用することでカジュアル感が出ます。

次にデザインについては『幅広な物』をご希望でしたが、べたっとした地金の重たいデザインでは、無骨でメンズぽくなります。そのため淵をストレートではなくイレギュラーにし、地金にはサテン仕上げ、その上に手彫り模様を施すなど、華やかさが出るようデザインしました。

存在感はあっても重くなく、とても大人っぽい仕上がりとなりました。

DATA

【制作】リフォーム
【素材】K18イエローゴールド、ダイヤモンド