リフォーム:色石を複数使った指輪

複数のジュエリーから色石を集めて1つの指輪へリフォーム

作品について

沢山のジュエリーをお持ち込みになられたお客様。
「それぞれどうしたらいいでしょう・・・?、林さんなんとかして!!」

さて、どうしましょう・・・それぞれ石ごとにリフォーム?、それは現実的ではないですね。
何よりこの石を単体でジュエリーにしたのでは、今のお客様に見合うパワーや華やかさやが足りない気がします。
そこでいくつかを同時に使ったマルチストーンのリングをご提案いたしました。

今回は色合いの親和性から、グリーントルマリン、キャッツアイ、アクアマリン、グリーンベリルを選びました。
しかし色味こそ似ていますが、形はスクエア、オーバル、カボションカット(ドーム状)とそれぞれ個性的。
そこで石を留める地金をイエローorホワイトで使い分けてみたり、1つだけミルフクリン留めにしたりと、それぞれが引き立つ”座”を用意してみました。
そして周りにバランスを見ながらダイヤモンドを散らし、全体が1つのブーケに見えるようなデザインに。
「モノトーンが多い」というお客様のファッションの差し色、ワンポイントアイテムとしてご活用いただけそうです。

既成品販売とは異なり、私共の”一点物リフォーム”では事前に完成品をお見せすることが出来ません。
少しは不安なお気持ちにもなられたことでしょう。
しかし平面であるデザイン画からイメージしていた以上に、立体となった完成品には存在感があり、お客様にも大変喜んで頂けました。

DATA

【制作】ジュエリーリフォーム
【素材】K18イエローゴールド&ホワイトゴールド、グリーントルマリン、キャッツアイ、アクアマリン、イエローベリル