作品について

オパールの指輪からペンダントへリフォームさせていただきました。

日本にはオパール好きな方が大勢いらっしゃるようで、当店にも沢山のオパールがお持ち込みされます。今回、拝見したオパールは、滑らかな乳白色でとても優しい印象でした。

まずはオパールを再研磨しました。オパールは傷つきやすい石で、無数の細かな傷のために曇ってしまうことも。ですが再研磨をすることにより、本来の艶が復元します。石の状態によっては、持ち込まれた物とは違う石かと見間違うほど、大変身することもあるくらいです。

次にデザインですが、バチカン部分にメレダイヤを留めたシンプルなものにしました。バチカンと本体部分はあえてロー付けせずルーズな状態にし、揺れも楽しんでいただけます。

チェーンは、オパールの『斑(ふ)』(光の入り方によって色が変化する部分)を楽しんでいただくため、トップの位置がお洋服の上に来る少し長めの物をご提案しました。例えば色の濃いお洋服の上に着用していただくと、バックグラウンドが暗くなり、よりオパールの『斑』が目立ちます。この効果を狙って、石の裏は塞がずオープンにしてあります。

ファッションによっても様々な表情を見せてくれるオパール、とても魅力的ですね。

DATA

【制作】リフォーム
【素材】K18ホワイトゴールド、オパール、メレダイヤ