作品について

メキシコオパールは『カボションカット』がほとんどですが、とても珍しい『カイトカット』のペンダントトップをお持ちのお客様からリフォームを承りました。古い物のようで、どちらで入手されたのかとても興味があります・・・などと会話が弾みます。

デザインはほぼお任せいただきました。そこでカイトシェープの美しさを見せるため、額縁のような枠の中にオパールを収めました。これにより場面も少し大きくなり、胸元に納まりの良いサイズとなります。

”額縁”部分には、メレダイヤという選択も考えられました。しかし個性的なメキシコオパールを引き立たせるため、イエローゴールドのサテン仕上げテクスチャーに手彫りで飾りを、という印象的なお造りにいたしました。

DATA

【制作】リフォーム
【素材】K18イエローゴールド、メキシコオパール、ダイヤモンド