オーダーメイド:アレキサンドライト・キャッツアイ146ピース使用のバングル

超大作をご紹介します。
ご覧ください!この大量のアレキサンドライト・キャッツアイ!!

シャトヤンシー効果の見えるアレキサンドライトキャッツアイのルース

お客様から届いた荷を開けて、思わず絶句する私・・・(汗)。
これらの石を出来るだけたくさん使ったオーダーメイド・ブレスレットをご希望です。

そこでスケッチ等のやりとりを経て、次のようなバングルをご提案させていただきました。
アレキサンドライトキャッツアイのオーダーバングルのデザイン画

キャッツアイ効果がしっかり見えていて、それぞれひとつでも十分に主役となる品質の石達です。
そんな高品質の石達が一斉にカラーチェンジをする様は、とても迫力があります。

それでは製作過程をご紹介しましょう。

まずは石に合わせてひたすら『座』を製作します。
写真では既に石が留めてあるように見えますが、これはまだ仮止めです。

アレキサンドライトバングルの制作過程。座を仮留めした状態

この後一旦すべての石を外し、『座』を本体にロウ付けしていきます。
その際、『座』と石の組み合わせが分からなくならないよう、それぞれに番号を付けておきます。

アレキサンドライトバングルの制作過程。石と座の組み合わせに付番する

アレキサンドライト・キャッツアイはカボション(ドーム型)ですから、ひとつひとつ高さが異なります。
そのためバングルにした際に表面の高さが揃って見えるよう、『座』を付ける位置(高さ)を1つずつ調整しながら丁寧にロウ付けしていきます。

また、どうしても隙間を埋めることができないスペースに合わせて石を再研磨します。
その数なんと60ピース以上!!

『座』を全て本体にロウ付けし、メレダイヤも留めた状態がこちらです。

アレキサンドライトバングルの制作過程。メレダイヤが入り本体の完成

この後、先に記した番号通りにアレキサンドライト・キャッツアイを留めていきます。
今回のバングルは蝶番で半分から開くようになっていますのでその動きを確認し、付け心地等も入念にチェックして完成です。

出来上がった作品のお写真を何枚かご紹介します。
トロンとしたアレキサンドライトの表情が魅力的です。

アレキサンドライトキャッツアイの極太オーダーメイドバングルその1

さまざまな光源の元で、いろいろな色へ変化を見せてくれるアレキサンドライト。
ドーム状のカットにくっきり浮かぶシャトヤンシー効果(キャッツアイ)。
2度楽しめる宝石の王様、アレキサンドライト・キャッツアイをふんだんに使った贅沢なバングルです。

アレキサンドライトキャッツアイの極太オーダーメイドバングルその2

製作に半年近くかかりましたが、まさに世界にひとつ!
オンリーワンのジュエリーが完成いたしました。

アレキサンドライトキャッツアイの極太オーダーメイドバングルその3

仕様データ

【制作】 オーダーメイドジュエリー
【素材】 K18ホワイトゴールド、アレキサンドライト・キャッツアイ、ダイヤモンド