当店で使用するメレダイヤはCGL(中央宝石研究所)が開発したダイヤモンドの選別装置を使ってひとつひとつスクリーニングしています。

非常に残念なことですが、現在日本に輸入されているメレダイヤの1〜2%に合成ダイヤモンド(*1)やHPHT処理(*2)の可能性のあるメレダイヤが含まれているそうです。
またそのサイズは非常に小さい物が多いと報告されています。

ジュエリーのセンターストーン等に使用するダイヤモンドに関しては通常、鑑定/鑑別書が付いているので問題はありません。
しかしサイドストーンに使用するメレダイヤについては、コスト的な観点からひとつひとつに鑑別書を求めることは事実上不可能で、そのためにこのようなトラブルが発生しやすくなります。

当店ではこの状況に対処するため、こちらの装置(↓)を導入しております。

メレダイヤ選別装置

この装置によりラウンドブリリアントカットされた無色系ダイヤモンドを『天然ダイヤモンド』と『合成ダイヤモンドやHPHT処理の可能性のあるダイヤモンド』とに分別することが出来ます。
当店では留め直前にこちらの装置にひとつひとつメレダイヤを乗せて検査し、合格したメレダイヤのみを使用しています。

ご希望により出来上がったお品物に鑑別書をお付けすることも可能ですので、お申し付け下さい(有料)。

(*1)合成ダイヤモンドとは地球内部で生成される天然ダイヤモンドに対して、科学技術により人工的に作製したダイヤモンドのこと。高温高圧合成(HPHT)と化学気相蒸着(CVD)法により合成
(*2)天然ダイヤモンドの色を向上させるために行うHPHT法による処理