最近、婚約指輪を購入するお客様が少なくなっているそうです。

昔は『給料の3ヶ月分』なんて言ったもんですね。つまり60万円のリングをいただいたのなら、彼のお給料は20万円!、シビアですね~~。見栄を張って120万円のリングを送ったとか、送らなかったとか?・・・そんなジュエリー業界が作り上げた宣伝文句がまかり通っていたなんて、なんと平和な時代だったのでしょう。

今の若い人達、つまりこれから結婚しようっていう人達は、もっとしっかりしています。そりゃそうですよね。自分達の老後の年金が、あてに出来ない世代ですから。そんなものにお金をかけるなら貯金?新居?って考えるのもいたしかたない。

ですがやっぱり・・・
人生最高の時に、最愛の人へ、ダイヤモンドのひとつも贈ることができない、いや、しないなんて。
彼女のほうも、ダイヤモンドよりキャッシュがいい、なんでしょうか?
夢を見ることができない時代、なのですね。

私の所へリフォーム依頼で訪れるお客様は、そんな現代っ子に比べると幸せでしたね。リフォームされるリングを手にとって、昔の思い出に浸ったり、とてもお幸せそうです。

まあ、そうでない方もいらっしゃいますけど。

離婚したから別な物に作り変えたいとか、2度目3度目で数個お持ちの方も・・・。色々な方がいらっしゃいます。まさに『人生いろいろ』です。

『ダイヤモンドの指輪は、人生の目撃者』ってのはちょっとオーバーでしょうか? でも色々あった人生の節目で、なにか意味を持っているのでしょう。

例えばリフォームをして指輪からペンダントへ、その姿を変えたとしても、ダイヤモンド自体は消えて無くなるものではありません。第二の人生を歩む方にとっても、お子様に譲られる方にとっても、なにかその方に意味があるものとなっているようです。

私はなんでも先取りっ子で、まさに「婚約指輪を頂くんだったら時計がいいわ!」って人でしたから、婚約指輪を持っていません。

ですが。

こうやってたくさんのお客様の婚約指輪と、そのエピソードに触れている内に、やっぱりひとつは頂いておけば良かったかな・・・なんて思います。月日が流れてその指輪を見た時、どんな思いがするのか?、婚約指輪を持たない私には、永久に分かりませんから・・・ね。

20年、30年も前に、愛を誓ってくれた証、思い出。
それが形となって身近に存在しているって、やっぱりステキなことだと思う、今日この頃です。

皆さんはどう思いますか?

※当店では婚約指輪をお手頃なセミオーダー、およびオーダーメイドでお作りしております。長年の取引で培ったコネクションを駆使し、高品質のダイヤモンドを卸値でご提供いたします。お2人で選んだダイヤモンドとリングで、世界に1つだけの婚約指輪を作りませんか?お気軽にお問い合わせください。